時間指定の受診予約ができるアプリができました。

お子さんのお口の健康を守りたい親御さんは……小児歯科

お子さんのお口の健康を守りたい親御さんは……小児歯科

さいたま市の歯医者「あさか歯科医院」の小児歯科は、お子さんのお口の健康を守るお手伝いをします。乳歯が生えはじめた頃から永久歯に生え替わる12歳くらいまでのお子さんを対象に、治療と予防ケアを実施しています。子どもの口腔内は大人に比べてとてもデリケート。「どうせそのうち生え替わるから」といってトラブルを放置していると、後々生えてくる永久歯に悪影響を与えてしまう可能性も高いです。少しでも心配事がある親御さんは、ぜひ当院までご相談ください。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さんの歯を守るために大切なのは毎日のブラッシングです。しかし、お口の中は人それぞれ違うもの。そのため、正しいブラッシング方法を知らなくてはなりません。当院では、お子さんに合わせた指導を行うと共に、親御さんに向けて仕上げ磨きのコツもお伝えしています。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質が強化する効果があります。定期的な塗布によって、虫歯になりにくい歯がつくられます。また、ごく初期段階の虫歯であれば、フッ素によって促進される再石灰化によって、自然治癒も期待できます。

シーラント

シーラント

奥歯の表面には複雑な溝があり、プラークが溜まりやすくなります。この溝をあらかじめ樹脂で埋め、虫歯を予防するのがシーラントです。ブラッシングが不十分になりがちなお子さんにおすすめです。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、本来生えてくる本数以上に生えてきてしまう余分な歯のことです。永久歯の歯並びや咬み合わせに悪影響を与える可能性が高いため、事前に抜歯を行います。

子どもが楽しく通うための工夫

キッズスペース完備

キッズスペース完備

待ち時間でもお子さんが楽しく過ごせるよう、院内にはキッズスペースをご用意しています。

親御さんが一緒に入れる診療室

親御さんが一緒に入れる診療室

診療中にお子さんが不安にならないよう、当院では親御さんが一緒に入室できる診療室をご用意しております。十分なスペースを確保しているので、ベビーカーのままご利用いただけます。

がんばったお子さんにはご褒美

診療をがんばってくれたお子さんには、お帰りの際にご褒美をお渡ししています。

お腹の中の赤ちゃんのためにできること

お腹の中の赤ちゃんのためにできること

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在していません。ではなぜ多くの人が虫歯にかかってしまうのでしょうか? その答えは大人からの感染です。例えば、赤ちゃんと同じコップやスプーンを使ったり、キスや?ずりなどを繰り返したりすることで、虫歯菌が赤ちゃんのお口の中へと侵入してしまいます。

しかし、感染を気にして神経質になり、スキンシップが少なくなってしまうのも考えもの。そこで重要なのが、ご家族の口腔内ケアです。お母さんやお父さんのお口の中に虫歯菌が少ない状態であれば、感染のリスクが低下します。お子さんが産まれてくる前に、ご家族全員で歯科医院に通院し、健康なお口を維持しましょう。

大切なお子様の歯を守りましょう!

1歳半、3歳児健診のご案内

歯の本数や生え方など永久歯に生え変わるまでの乳歯もとても大切なものです。
1歳半は12本~16本の歯が生え揃う時期で、歩行やお話などできることが増えてきて好奇心旺盛になるころです。歯みがきも、この時期から正しい習慣を身につけることで虫歯のない歯を目指しましょう。

3歳になると、乳歯20本が生え揃います。この時すでに乳歯の下には永久歯がアゴの中に出来上がっている時期でもあります。
食べることにも慣れてくるこの時期は虫歯になりやすいため、お子様が一人で歯みがきができるように指導し、磨き残しがないかチェックしてあげることが大切です。
※1歳半と3歳児検診の場合は予めご予約して頂き、受診券と母子健康手帳をご持参の上お越しください。

当院では成人健診も行っております!

当院では成人健診も行っております!

成人になっても検診は重要です。大人になるとついつい忙しいからといって歯やお口の悩みは後回しにしがちです。成人で歯を失ってしまう最も多い原因である「歯周病」「虫歯」は早期に発見し治療する必要があります。特に歯周病は気づかない間に進行してしまい、気づいた頃にはすでに手遅れということも少なくはありません。ぜひ、お子様とご一緒に検診を受けにいらして下さい。